2015年5月 7日 (木)

おーい。

そんなとこから見てないで、 

 

 

 

こっちにおいでよー。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

自分のために貼ろう。

Dsc_5871 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ´07年 秋 

 

 

 

 

 

 

 

 

          左から、だいち、天、つき。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    これはそれより前の年の、公園のナンキンハゼの落ち葉。

 

 

 

     左から、天、だいち、つき。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

ご報告

1169 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の2月6日(金)正午、つきが亡くなりました。 

 

 

15歳と5ヶ月でした。 

 

 

 

 

それから、 

 

今日5月4日(月)15時、だいちが亡くなりました。 

 

 

16歳と10ヶ月でした。

 

 

 

1ヶ月前から食欲が落ち、1週間前に腎不全を含む多臓器不全の診断をいただき、 

 

その直前から立てなくなり、 

 

 

その後、眠りの森の眠りイヌのようにひたすら寝てて、 

 

私の足音に目を開けたのは一昨日まで、

 

 

脱糞しつづけたので容赦なく毎日洗われましたが、 

 

それ以外は、立つことも鳴くことも、首を上げることすら無かったので、まったく手のかからない、 

 

 

大往生と言える最後でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人に置いてかれてしまったよ。 

 

 

 

 

 

 

 

これまで可愛がっていただいて、ほんとうにありがとうございました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_1585

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

´07年1月の写真です。 

 

左から、だいち、つき、天(あーま、´10年12月没)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 Dsc_2084000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

つき走りました。

 

先週の土曜日、 

散歩の途中、花壇の縁石に座って休憩してると、

初対面のオバチャンが「うちにもイヌがいたのー。」と話しかけてきました。 

 

 

ちょっとお話をして、「じゃ、行こうか。」と歩き出すと、

オバチャンもいっしょに歩いてくれます。 

 

ノロノロのつきの歩みに合わせているので、超ゆっくりです。 

 

 

そのうち、つきの1歩がミリ単位か?と思われる程になり、 

つまり、歩かなくなりました。 

 

 

 

他の2頭も一緒なので、危ないからダッコはしたくなかったのですが、 

 

抱き上げると軽くて、目は開いてるけどボーっとした顔のつきを見てると、 

 

 

「もう無理なのかなー。」という気持ちになりました。 

 

 

 

つきはめったにダッコされませんが、してもらうと、

よく四方を見回して、珍しい高さを楽しむ仕草をしたものでした。 

 

 

 

 

 

「つっちゃん、もう来れないかもしれないね。最後の公園だよ。見える?」

と、ぐるっと回ってあげると、  

 

 

今日初めてお話したオバチャンが「私ダメ。」って泣き出しました。 

 

 

 

 

ほんとに不用意な発言で申し訳ない事をしたと思っています。 

 

 

 

 

 

ところが、 

その後帰宅すると、何か普通な感じです。 

 

 

散歩後、食べ物を欲しがることが多いので、 

たまたまあった薄いローストンカツの衣を取ったお肉だけをあげてみると、ぺろっと1枚分食べました。 

 

 

 

 

そして、 

動物病院待合室から貰ってきたドライフードの試供品(肝臓サポート、スキンサポートなど。腎臓サポートは無かった)をそのまま上げてみたら、ポリポリ普通に食べました。 

 

 

えーーーーーー!!!!! 

 

 

 

 

とにかく、今までいろんなものをあげてみてダメだったので、 

 

次の日もトンカツをあげました。 

 

 

 

 

 

食べました。 

 

 

モツ焼き屋さんで焼いてもらった牛のハラミも食べたし。 

 

 

 

 

んで、今までのフードはやっぱりダメで、 

 

 

ホームセンターで貰った試供品をモリモリ食べてます。 

 

 

 

 

 

つきの通院は昨日で8回目でした。 

 

 

 

体重は7.8㎏で、また減っていたけど、食事をしているということで、 

 

点滴は1週間後にしてもらいました。 

 

 

 

 

 

 

 

Cocolog_oekaki_2014_12_16_14_00 

 

 

自分が終った後、 

 

小さいプードルが診察室に入って行くと、中を覗いてみるつき。 

 

 

 

 

500ccの輸液が肩に入っているので、はっきりと膨らんでます。 

 

これが、だいたい24時間かけてオシッコになって出ます。 

 

 

 

500ccは重いでしょうね。

よろよろしてます。 

 

 

 

夜の間も気をつけて見てあげてます。 

 

普通より頻尿になるでしょうから、我慢させないようにマメにシッコ出しです。 

 

 

 

 

 

 

 

んで、 

 

 

雪が降るかもしれない、曇り空で冷え込んだ今日、 

 

 

スカジャンを着せられて公園を歩いていたつきが、 

 

 

なんか、元気な感じがしたので、誰もいないところでちょっとフリーにしてあげたら、 

 

 

 

タタタタタターっと走り出しました。 

 

 

 

 

先月、ご飯をまったく食べなくなる、それより1週間前にも、まだ走っていましたが、  

 

 

そこまで及ばないまでも、ゆるい駈足で、  

 

 

目的を決めない、

 

 

つっちゃん得意の「アチシを見て」走りでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cocolog_oekaki_2014_12_16_14_22 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、 

 

 

 

それから、試供品フードをがっつり食べて、トンカツのロース肉を少し食べて、 

 

 

 

チッコして寝てます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、寒くなるようですので、 

 

 

 

皆様も、暖かくして美味しいモノを召し上がってください。 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   

 

 

 

 

 

 

 

     






 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

長命

久しぶりに公園でララちゃんと会いました。 

 

 

 

 

 

 

 

ララちゃんは17歳です。 

 

 

 

 

 

いろいろ気難しくなったようですが、変わりなく元気。 

 

 

 

 

 

 

つきも、ちょっと嬉しそう。 

 

 

つきは穏やかで友好的なお友達が大好きです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

2009.12.24.    撮影 の ララちゃんです。

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ       
 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

延命

つきに行われている皮下点滴は、

お解かりとは思いますが、治療ではなく延命です。 

 

 

 

今日、お昼に点滴してもらってきて、 

 

 

レトルトのフードを少しと、ピーナツバターサンドを半分ほど食べましたが、 

 

もともと、全然食べられなくなってからの処置ですから、 

 

 

止めれば、食べなくなるでしょう。 

 

 

 

 

 

医師は「毎日か、1日おきに点滴しなくては意味が無い。」と今日おっしゃってましたが、 

 

 

私は明々後日の木曜に予約して来ました。 

 

 

 

 

 

つきは、具合は悪そうですが、 

 

歩くし、意思表示はするし、まだまだしっかり生きてます。 

 

 

 

どうしたら良いのでしょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、 

 

 

 

私の治療は、説明で『延命』とありました。 

 

 

 

 

 

 

こっちも、いつまで続くのでしょう。 

 

 

 

 

 

 

いつまで続ければいいのでしょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも、私が決めなければなりません。         

 

 

 

 

 

 

OMG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_0016_2
 

 

 

 

2010.11.20    撮影 

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

歳の瀬

お寒うございます。 

 

 

お天気が良くて、

富士山が遠くにきれいに見えたので、

描いてみました。 

 

 

 

相変わらず、写真が無くて。 

 

 

 

 

 

 

 

ふふふ。

Cocolog_oekaki_2014_12_07_13_42 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいち16歳、つき15歳、一砂5歳。 

 

 

 

 

 

 

 

よぼよぼ爺さんのだいちが先かと思いましたが、 

 

 

 

つきが3~4ヶ月ほど前から、食が落ち、 

 

もともと好き嫌いがあったので、歳とって頑固に拍車がかかったかと思っていましたが、 

 

 

 

先月、とうとう食べなくなり、

さすがに、全部検査してもらったところ、腎不全の末期でした。 

 

 

 

 

 

 

それから、 

 

3日続けて、500ccの皮下点滴をし、 

 

その後、間を空け、週明け月曜日に、6度目の点滴をする予定です。 

 

 

 

水を飲んでオシッコは出てます。 

 

 

 

食べませんが、ピーナツバターサンドで命を繋いでます。 

 

 

 

今朝は珍しくタマゴ粥を食べました。 

 

 

 

 

 

体重は8.5㎏ほどで、今年の4月より2kg減です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな報告になってしまいましたが、 

 

 

 

 

 

私の方の主治医に話したところ、

「腎臓は苦しまないからー。」と、おっしゃっていただきました。 

 

 

 

 

 

なんかさ、

 

それが一番嬉しかったです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はと言うと、 

 

 

 

10月から3クール目の抗がん剤を始めました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

鬼トレーナー帰る

今年になって、どんどん機能が落ちてきている長老イヌだいち。 

 

15歳の高齢だし、3歳で股関節形成不全って言われてるし、8歳から強心剤飲んでるし、

4年前に腎不全してるし、


多病息災って言ってもいいくらいだからねー、しょうがない。






去年の私の入院時は、1ヶ月近くの留守の間、かかわってくれた家族のおかげで、

毛ヅヤもよく、かえって元気なくらいで拍子抜けした。




今回ほんの6日間、別段心配もしなかったが、


2階への階段を上がることが出来なくなっていた。





促して、おだてて、フードでつって、後ろからサポートしてあげて、

やっと上がっていたくらいだから、リミットなのかもしれないねー。


「もうだめです。」って本人も顔にかいてある。



が、


鬼トレーナーは諦めない。






ルンルン楽しければ、まだ、穴掘りもするし、多少の段差も乗り越えてるんだから、



出来るんだ。







んで、3日で、なんとかフードを追いかけて、前足に力を入れて上がる動作が出来るようになった。



後ろ足はなかなか難しいが、適度に支えれば、最後の2段くらいはウサギ跳びが出来る。







嬉しそうだ。




そうだよそうだよ、その達成感が大切なんだよー。







支える時の右肩が、私もまだ痛いけど、トレーナーがんばりまっす。













Cocolog_oekaki_2013_10_03_08_31





退院日午後の公園で、



「何かある?」の私のGOサインを待ってるだいちG。










にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ       






 

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

痛い

抗がん剤投与から1週間。



膝関節が痛い。




たしか思い出してみると、昨年もシップをもらったり、ロキソニンを1~2回飲んだような気がする。



忘れてたくらいだった。




昨日の朝の散歩中、痛さがキツくなって、

お昼に痛み止めを飲み、


夕方は、帰ってきた一砂と皆で公園を普通に歩いた。




深夜から、ちょっといけなくて、「疲れたかな。」と思ったが、





今朝は、家の中を壁をつたわって歩いた。

立っているのも辛い。



膝を悪くして10数年だが、何もしてないのにこれほどの痛みはそうはない。





おまけに、昨夜からお腹も下してる。






とにかく、

薬を飲むために、一口食べた、塩鮭とご飯が、







目が覚めるほど、美味しかったんだから、わからないもんだ。







痛み止め飲んでから、30分、もう歩けるようになりました。
















| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

好きな場所

Cocolog_oekaki_2013_09_29_22_09


病院の渡り廊下の隅にあるピンクのソファー。




すごく座り心地がいいです。


ここから、駐車場の車の出入りが見れます。









今回の入院は、


2クール目の化学療法の1回目を受けるためでした。






前回を昨年11/1に終えて、9ヶ月。




私は腫瘍マーカーへ反映されやすい体質なのですが、

いったん下がったマーカーは、じりじりの上がり、


とうとう、8月にCTでS字結腸の外側に1㎝ほどの再発腫瘍が発見されました。 

 

 

同時期受けたPETでは見つけられないほどの大きさでした。





リンパ節に散らばっているのはわかっていたので、 

 

一つ一つ取り上げるのではなく、抗がん剤治療を再開する方法になります。










私は、がんセンターというところは、割りと好きです。




先生はもちろん、検査、治療、入院、どれをとっても、


おかしな言い方ですが、私に対する害意を感じません。




「当たり前でしょ。」と思われるかもしれませんが、



何か、医師の言葉を恐れ、検査結果を恐れ、治療の辛さ、副作用を恐れ、


病気と治療を並べて、敵意を持っているかのような方が多いように感じます。






それぞれの感じ方ですから、私にはどーとも言えませんが、








私は、この病院が好きです。















ただ、

ずーっとこの治療を繰り返すかどうかは、




まだ、わかりません。












そんな風なことを、先生にちょっとお話したら、



わかってくださるような感じでした。









まだ、先の話ですけど。








| | コメント (6) | トラックバック (0)

«やることがありません。