« 変態の次は | トップページ | つきトレつづき »

2006年5月24日 (水)

Another Story @つき

群馬の師匠は、いつもびっくりさせる一言を言う。

私は反応が悪いので、面白くないらしいが、実は始めっからびっくりしっぱなしである。

先日も、じんわりびっくりして、後から効いてきたのが、

「どんなイヌも、同じやり方」みたいな話。

イヌによって変えない。皆、同じだ。

だそうだ。

ちょっと、3日ほど考えた。

 

んでもって、つきへの対応を変えてみることにした。

もちろん、今までのそのまんまのつきが好きである。

でも、私の臆病さがつきを枠に閉じ込めてないか、と、ずーっと気にはなっていた。

まず、なんでもない時に、普通に、つきの首の後ろを掴んで吊り上げてみた。

ヒーンなんてもんじゃない。

絹のカーテンを頭上から足元まで切り裂くような悲鳴であった。

断末魔だ。

ここで、ひるんだら何の意味もない。

必死で首輪抜けをしようとするが、ここで逃がしたら、大逆効果だ。

ぎゅっと抱きしめて、「だいじょうぶだいじょうぶだいじょうぶ」とささやく。

放すと逃げようとする。P3090002

何度も繰り返してみた。

怯えたような目でずっと私を見ている。

なぜ怖いの?怖くないよ。怒ってないし、痛くもしてないよ。

なーんだ、怒ってないんだ。アタチのことが好きだから、そんなことするんだ。

って、思うようにならないかなー。

少しがんばってみる。

|

« 変態の次は | トップページ | つきトレつづき »

コメント

つっちゃんにとって衝撃的な1日だったのね?
でもでも、読みながらすんご~く共感したのはなぜだろぅ・・・

断末魔のような叫び・・・・・

よく聞きます。
さして何もしてなくとも・・・

そぅそぅ。かりんさんね( ̄∀ ̄;)

「もぉ触るのも怖い!」って思ったことある。
けど、私もK氏@しーぷのね に言われた。
「無視しなさい。」ってキッパリと。
それまでおろおろしてたんだ~
虐待してるんじゃありません!って言って歩きたかったし(爆
まだまだそのケは抜けきれていないけど幾分ましになった@かりんさんとの駆け引き。

がんばれ~つっちゃん&けいちむさん!

投稿: じんたン。 | 2006年5月25日 (木) 21時18分

あ~、そっかー、かりんさんねー。
そー言えば、かりんさんも大女優だよねー。

うんうん、なんとかがんばりまーす。
つきの良い所は、なくならないと思うよー。

昨日も、留守中、こっそり2階の私たちの寝室で寝てた形跡あり。ヽ (´ー`)┌

投稿: けいちむ | 2006年5月26日 (金) 04時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/1916469

この記事へのトラックバック一覧です: Another Story @つき:

« 変態の次は | トップページ | つきトレつづき »