« さすが | トップページ | こいのぼり »

2007年5月 4日 (金)

イビキ

先日、

テーブルの下で、寝てる天を見たら、

目をしっかり開けてた。

「起きてるのか?」と思ったが、

その目玉は、在らぬ方向を見て、なおかつ、グルグルランダムに回転してる。

目を開けたまま熟睡してたのだ。  

  

  

と、いきなり、飛び起きて、(やっぱり、起きてたのか?と思ったが、違った)

うたた寝して、イビキをかき始めたダンナに跳びかかった。

初めて知ったが、天はイビキが嫌いらしかった。

リビングでイビキをかかれるのを、私が嫌がってるせいかもしれない。  

    

ダンナは、睡眠時無呼吸症ってやつで、夜寝るときは、CPAP(鼻マスク)を使っている。

イビキって、本人は、自覚どころか、その音すら聞いたことがない。

ところが、家族は、毎夜毎夜、聞かされて、

「慣れちゃって、へーき。」にならなければ、

死ぬまで、不眠に悩むことになる。  

 

  

優しい妻の私は、重症の無呼吸症候群の診断がつくまで、

「どうせ言っても、わかってもらえないし、

 わかっても、本人も辛いだけだし。」と、

10数年、黙っていた。

ほんとうに、思いやりのある妻である。  

  

今は、蹴飛ばして、起こしてあげる。

虐待ではない。

これも、愛情である。    

  

  

  

  

Dsc_3492   

  

  古河総合公園の

  藤を見に行ってきました。  

  

  

  

  

  

カメラ小僧(平均年齢70歳くらい)が、数人、三脚を構えて、何か待ってるので、

藤を撮りに来たにしては、???と思ってたら、

古木に、フクロウの巣があって、ヒナがいるらしい。  

  

周りを立ち入り禁止にして、守ってあった。

フクロウの赤ちゃんが見れるなら、

私だって、ずーっと待っていたい。  

  

    

Dsc_3493   

例の、間伐材でリフォームされた藤棚。  

 

枝を整理したせいか、

花のつきは、いまいち。  

  

来年が楽しみです。  

  

  

  

  

Dsc_3514   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

ふじ~む~すめ~♪  

    

    

Dsc_3523   

  

    

  コンビニのおにぎりで休憩。  

  

  

  

    

イヌ達は、ゼリーのシャーベットを食べました。    

「ヒトの食べ物をやるな。」と厳重注意してるのに、

ダンナは、おにぎりのご飯をあげてた。  

  

無呼吸で、自滅するのは、勝手だが、

イヌ達を道連れにするな。              である。    

  

  

  

  

  

  

|

« さすが | トップページ | こいのぼり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/6296690

この記事へのトラックバック一覧です: イビキ:

« さすが | トップページ | こいのぼり »