« つきの名まえ | トップページ | ずーっと捜してます »

2008年5月24日 (土)

奉仕の精神

ケアマネって仕事は、 

自分自身は、経験や知識が足りなくても、

いろんな機関に問い合わせたり、専門職に聞いたりして、

 

利用者に、選択肢を提供するってことも、あるのよね。 

 

 

病院なんかは、1~2年前は、ケアマネ?どこの馬の骨じゃ。

くらいの対応で、 

介護職上がりのケアマネなんかは、病院の中のシステムも知らないもんだから、

医師にいきなりFAXして、「会議に出られないなら、情報提供しろ。」

みたいな文書を送りつけて、

そのまま、ゴミ箱に捨てられたりしてたらしいけど、 

 

だいぶ、お互いに、理解が深まって、

「○○さんのケアマネなんですけど。」

って、恐る恐る言うと、

「あー、待ってたんです。」

なんて、言われる事もあるようになった。 

 

 

ケアマネの基本、建前は、利用者への訪問。

だけど、実際は、PCと電話で、1日終わる事も多い。 

 

関わりのある業種で、電話で話していても気持ちの良いのは、

私のバヤイ、

やっぱり、看護師さん達だ。  

 

訪問看護ステーションの責任者さんなんかは、今のところ、ハズレがない。(笑) 

 

なんでだろー。 

 

まず、看護師さんって、プロ意識が強い。

自分達が、責任持つべき部分と、関わるべきじゃない部分を、

しっかり、理解されている。 

 

前向きで、出し惜しみが無い。 

 

奉仕の精神が、当たり前のように、息する様に、普通に感じられる。 

 

 

 

しかし、 

 

安い給料で、過酷な労働の、施設の介護職さん達に、

「奉仕の精神」を言うのは、酷だし、 

      

 

無理ですからー!

  

  

  Dsc_7593

   

     「アチシは、関係ねーでしゅ。。」 

 

 

 

 

 

  

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ                 

 

 

   

|

« つきの名まえ | トップページ | ずーっと捜してます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/21461720

この記事へのトラックバック一覧です: 奉仕の精神:

« つきの名まえ | トップページ | ずーっと捜してます »