« イヌヒトいっしょケアグッズ | トップページ | ララちゃんとつきの眼 »

2009年2月24日 (火)

心優しいけど、めっちゃ強かったんやて。

   ドミニク ニク ニク 心優しく強い人で  

   すべての人の幸せのため 歩くのでした 

   よその国の悪い人たちも ドミニクの話をききました  

    

   ドミニク ニク ニク 神の言葉を教えました 

   どこでもみんな 彼の話を聞きに来ました 

   遠い道もかまわず ドミニクは歌を歌いながらどこまでも   

    

   ドミニク ニク ニク 村から村へ 町から町へ 

   らくだに乗らず 馬車にも乗らず 歩くのでした 

   食べ物なくて苦しい時に 天使が助けてくれたのでした 

 

  

これは、散歩の時、 

私が、よく口ずさんでる歌です。 

 

歌詞がうろ覚えで、虫食いだらけだったので、 

改めて、調べてコピーしました。 

 

小学生の頃、コーラスで習ったんだよねー。 

「みんなのうた」だったんだねー。

このです。 

 

 

こころ~やさしく~♪ つよ~いひ~と~でぇ~♪ 

ってトコが好き。 

 

あと、

うたをうたいながら~どこまでもぉぉぉぉ~♪ 

ってトコも。  

 

ところで、 

 

この間、 

何気なく、つきに、 

「つっちゃん、 

 いっしょに、天国でも地獄でも、どこでも行こうね。 

 ずっと、どこでもいっしょだよ。」と、言いました。 

  

なんで、天国だの地獄だのなのか、よくわかんない。 

せめて、北海道とか、九州とかにすればいいのに。 

 

すると、何を勘違いしたか、 

つきは、飛びついて来て、私の顔を舐めました。 

そっか、嬉しいの。     よかったね。 

 

 

「だいち、 

 だいちが、歩けなくなっても、

 手をつないで、どこでも引っ張ってってあげるからね。 

 心配しなくていーよ。」と、だいちに言いました。 

 

だいちは、 

やや、うつむいて、ちょっと息を吐いたようでした。 

なんだ、ヤなんかよ。    でも、連れてくぞ。 

 

 

「あーま、 

 あーまは、どこでも好きなトコ、行きな。 

 好きなトコ行って、好きなことをめいっぱいやりな。」

と、言ってやりました。 

 

 

その日のお昼寝の時、 

 

天は、なぜか、 

私の布団に上がって来ないで、 

 

廊下の座布団で寝てました。 

 

 

 

ははは。  

ま、気のせいですけどね。 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ       

  

 

 

Dsc_8658   

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

      「アチシが、何したってのよっ。」 

  

  

 

あー、 

白菜食って、きゃべつ食って、大根とにんじんと蕪と、その他もろもろ食いますたっ。 

 

 

 

|

« イヌヒトいっしょケアグッズ | トップページ | ララちゃんとつきの眼 »

コメント

なんか良いなぁ~
けいちむさんの愛が伝わってくる・・
しかも押しつけとか自己満足とかでも無い感じが好きです。
確かに、天ちゃんは心配いらない感じしますcatface (私の勝手な意見ですcoldsweats01
つきちゃんは、いつも気になる存在で、話をしてみたいなって。
だいち君は・・大先輩ですから、サスケに色々教えて欲しいです。

投稿: サスケまま | 2009年2月24日 (火) 11時17分

heart04サスケままさん 
うちのコ達は、気の毒に、いつも私のおふざけの犠牲者なんです。 
でも、私が、歌ったり笑ったりしてると、  
安心するみたいで、 
私も、イヌ達が落ち着いていると幸せなので、 
相乗効果ってやつですかね? good
 
だいちは…
たぶん、お利口なサスケ君には、何も教えられないと思います。 
今日も、庭でバケツの水にアタックしてるのを見て、 
お隣のおばさんに、
「もう、人間で言うと中年でしょう?」って笑われてました。  
一般的な中年ではなく、ヨコヤマヤスシ的中年です。 

投稿: けいちむ | 2009年2月24日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/28331285

この記事へのトラックバック一覧です: 心優しいけど、めっちゃ強かったんやて。:

« イヌヒトいっしょケアグッズ | トップページ | ララちゃんとつきの眼 »