« 最近あった、悔しいこと。 | トップページ | だいちとダニの関係 »

2009年6月10日 (水)

試されてる?・・・だれよっ!

土曜日(6/6)、初めて院長(兼犬護舎院長)に、診ていただいた。 

 

すーちゃんのお話から、 

ちょっと年配の、ごつくて、一見強面の方を想像していたが、 

 

入っていって、 

捻挫したらしいサッカー少年を、正座して施術してる方を見て、 

あんまり、ちんまりと馴染んでらっしゃるので、 

「お父さんが、息子をセルフケア?」と、思ってしまった私は、  

先入観に毒された、けっこうなおっちょこちょいです。 

 

院長は、 

膝に触るなり、 

「これは、痛かったでしょう。」と、おっしゃり、 

単純で、優しい言葉に弱い私は、 

「なんて、いい先生だ。」と、即断したのでした。 

 

 

そうじゃないかと思っていたが、 

やっぱり、痛み、不具合を庇うあまり、 

回りの腱が、がっちがちに固まり、 

痛みを倍加してた。 

 

ここんとこ、段々悪化してるような気がしたのは、たぶん、そのせい。 

 

何年もの間に、何回も痛めており、 

1ッコ1ッコ、段階を経て、緩めていくので、 

一朝一夕では無いが、動くようになりますよ。 

と、言っていただいた。 

 

まず、 

可動域は、そのままで、 

痛みを取り、スムーズな動きにすること。

だそうです。 

 

 

走れるのは、まだ、うーんと先のような、予感でし。 

 

 

が、 

 

アホな私は、散歩時には、着けるようにした膝ベルトが、調子よくて、 

 

ぼちぼち、投げ練、天トレをするべーなんて、 

始めてしまったりして。 

 

ありえないけど、筋肉痛だし。 

 

月曜日には、

リアルオーバー?、バックボルト?(ヘタだから、どっちでもないのよ、まだ)を

しようとして、 

天のニードロップを、左腰にまともにくらう。 

 

入った!   って感じで、 

腰骨が、5㎜程、右にずれたんじゃないかと思った。 

 

あまちゃんの、お膝も心配だったけど、 

今んとこ、大丈夫みたい。 

 

恥ずかしくて、接骨院では申告しなかった。 

何か言われないか、どきどきだったが。 

 

 

 

と、その午後、 

 

とあることから、 

だいちに左腕を噛まれた。 

 

本気噛みだった。 

  

 

左前脚に付いた、ダニを捕ろうとしてただけなんだけどね。 

私がしつこくしすぎたんだ。 

 

 

どついて、怒りながら、 

涙がちょちょ切れた。 

 

痛みでも、怒りでもなく、 

自分が情けなくて、だいちがかわいそうで。 

 

キャパの狭いコなんだから、考えてあげなきゃいけなかった。  

もしかしたら、脚を無理に持ち上げられると、違和感があるのかも。 

  

そういう訳で、 

穴も開いたし、それより、青痣がすごくて、 

半そでが着れません。 

 

 

 

膝の痛みは、軽くなってきたけど、 

「それじゃ、こちらをどうぞ。」と、 

イヌ達が、腰と腕の痛みをくれました。

 

 

 

あー、もちろん。 

 

すべて、 

 

自業自得です。   

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ        

 

 

だいちは、そっと私の腕に顔を近づけては、 

傷の辺りの匂いを、フンフンと嗅ぎ、 

手のひらを、丁寧に舐めます。 

 

 

そーやって、私の反省心をいじるのか?       ん? 

 

  

 

  

 Dsc_8821_2

 

 

 

 

  ←  何も考えてないな。 

       gawk 

 

 

  

 

 

 Dsc_8826

 

 

    元凶  → 

 

 

 

 

 

 

|

« 最近あった、悔しいこと。 | トップページ | だいちとダニの関係 »

コメント

>回りの腱が、がっちがちに固まり、痛みを倍加してた。 
そうそう!痛いところの周りが固まって余計症状が悪化するようですね。。
痛みで使わなくなっている部分をよーく伸ばしてやるのがいいみたいですね。
ワタシも楽と一緒に走るのが夢でしたが、この頃少しずつ走ってますよ。
走っているようにはみえないかもしれませんが。(笑)
LSDというゆっくり走法を教わってちょっと自信つきました。
ここまでくるのに2年かかりました。
でも今朝は楽が「足が痛いデス」と言ったので、さらにゆっくり走りました。
楽はほとんど歩いてまちたが、そんなんでも、ま、いっかな?

だいちくん、噛んだのですか。
あ~まちんには足蹴りくらったですか。
ごしゅーしょうさまです。
イヌと暮らすって、けっこう泣き笑いですよネ。

投稿: こおろぎ | 2009年6月10日 (水) 19時22分

heart04こおろぎさん
まったくもって、泣き笑い&笑いです。 
 
LSD走法って、聞いたことあります。 
詳しくは知りませんでしたが。 
動けるようになったら、挑戦してみます。 
だいち達の脚のためにも、ゆっくり走るってのをやりたかったんです。 
 
今は、サポーターしながらでも、定速度で歩くことが出来るようになってきたので、非常に満足してます。 
イヌが年取るのは、哀しいくらい早いので、 
2年後、彼らと走れるか、わからないけど、 
ベストなペースで、がんばろうと思います。 
 
朝日の中、歩く楽ちゃんが、目に浮かぶようです。

投稿: けいちむ | 2009年6月10日 (水) 20時48分

良い先生に出会えて良かったですね♪
私も先生に「今まで辛かったでしょー。」なんて言われると
安心してホロッとくるタイプですが・・(笑)

けいちむさん、↓で、私が膝痛があった事をかいたら
「やっぱり」っておっしゃっていましたが、どうしてでしょう?
ちなみに30代になってからいつの間にか良くなったんです。
今は、正座をしたりしなければ気にならなくなりました。
運動して少しは、筋肉がついたか???まさかなぁ?と思っていますがcoldsweats01
何が原因だったのか?あの痛みは、と思います・・
けいちむさんの大変さは、私のとは比べものにならない位でしょうけれど、
どうぞこのまま良くなられますように!

あ、マジ噛みは相当痛いですよね(泣) 私は「まるで車のドアに手を挟んだ時のよう」
と表現していますが・・
あんまり挟む人もいないでしょうけど(笑)

サスケの場合はパピーの時から、とにかく噛む犬だったので大変でしたが
去年、成犬になって久しぶりに噛まれました。
爪が割れていたので、引っかかりそうな箇所を切ろうとしたら、指をガブッとやられました・・
ボンボンに腫れたので、しばらく外科に通いましたcatface 
先生に理由を言うのが情けなかったです。

いつもは、声かけをしてから触る様にしているのに、その時は
よそ見をしていたサスケにいきなり黙って切ろうとしたんですよねーwobbly
ハッ!と我に返り、小さくなったサスケに怒ってしまったけれど
その後、反省しました・・。

投稿: サスケまま | 2009年6月12日 (金) 01時29分

heart04サスケままさん
私の周りには、膝の痛いヒトがなぜか多いので、
思わず、「やっぱり」と書いてしまいました。
でも、自分を含めて(ぷ)、高齢者が多いので、 
サスケままさんとは、きっと症状が違うかもしれません。 
 
大人になられたら、自然と良くなったんですね。 
普通に生活できるって、ほんとうに、替え難いですよね。 
 
え~っサスケ君も、がぶりんちょするんですか? 
 
だいちに噛まれたのは、2回目です。(ジマンスルナ) 
どちらも、私がしつこく、嫌がることをしたのが原因です。 
だいちは、歯を剥いたりしますが、(ほんとは、これもいけない事ですよねー。)
限界まで、我慢します。 
 
ただ、噛む事で、敵を撃退しようという本能があるので、 
来る時は、がっつりなんですよねー。crying 
私も、「自分のイヌに噛まれた。」って言うのがイヤで、 
医者に行けません。 
でも、他人には、「噛まれたら、絶対、病院に行って。」と勧めます。 
やっぱり、ぱんぱんになって、 
免疫機能が奮戦していたので、 
「がんばれ。」って、自分の腕に声掛けときました。 
 
オヤツもらう時の、指噛み(これは、あわててるから)が、 
ここに来て、かなり、改善されて来たので、 
余計、悔しくて、だいちに申し訳なかったです。

投稿: けいちむ | 2009年6月12日 (金) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/30035630

この記事へのトラックバック一覧です: 試されてる?・・・だれよっ!:

« 最近あった、悔しいこと。 | トップページ | だいちとダニの関係 »