« 「デテコイヤァーッ!」ってか? | トップページ | 新顔 »

2009年9月 5日 (土)

ちびちゃんとおじさん

いつもの公園、 

よく来る、70~80歳代のおじさんとポメラニアンのペアがいる。 

 

おじさんは、軽く足を引きずるような歩き方で、動きもぎごちない。

かわいいイヌのために、熱心に毎日、散歩してるんだろうが、 

乗ってくる車の四隅は、申し訳ないが、ボコッている。 

ア、アタシモ、コスッタママダ 

 

そして、 

このポメ、 

視界の中に、イヌが居る限り、遠くからでも、 

リードを目いっぱい引っ張って、 

 

「ギャンギャンギャンギャンギャンギャンギャンギャンギャンギャンギャンギャン。」 

鳴いている。 

 

もう、慣れっこなので、 

近づかないのは、もちろんだが、 

うちのイヌ達も、そっちを見ようともしない。 

 

見れば、

「見んな。」と、私に言われんだけどね。 

 

 

ところが、先日、 

いつもの池で、遊ぼうと、自由運動させながら、向かってると、 

例のポメ君の鳴き声が、前方からしたので、 

「にゃにぃっ?」と、慌てて、イヌ達呼んで、オンリードすると、 

 

死角になってるベンチに、おじさんと相棒が座って、 

もちろん、相棒君は、ゼイゼイ言いながら、吠えまくっていた。 

 

そこは、うちらの池遊びスポットだったので、 

迷ったが、

見ると、だいちも尻尾も上げず、落ち着いていたし、 

「スィット」と言うと、皆、座ったので、 

 

おじさんから、4mくらい、離れたところで、 

ちょっと、立ち止まってみた。 

 

そこで、

初めて、おじさんに話しかけてみる。(ポメ、吠えてる) 

 

私 「そのコ、咬むの?」 

 

おじさん「咬まねーけど、歯があたると、切れるんだよー。」 

 

おいおい、それは、咬んでんだよ、おじさん。 

 

私 「こんな風に、持てる?」   と、だいちの首の後ろの皮を掴んでみせる。 

  「怒らないで、持ち上げないでね。」 

 

すると、おじさん、ポメの首っ玉を掴んだ。 

吠えるのを止めたが、ゼコゼコ咳までしてる。 

 

私 「静かになったら、褒めてね。」と言うと、 

おじさんは、素直に、ポメの頭を撫でてた。 

 

チビちゃんと言うらしい。 

 

時々、ギャンギャン、ゼコゼコ言ってる側で、 

私達は、ちょっとだけ、池で遊んで、 

「チビちゃんに。」って、オヤツ代わりのフードを一握り、渡して、 

その場を離れた。 

 

だいちの尻尾は、上がる事はなかった。 

 

 

ヒトに、モノ教えられるような自分じゃないが、 

間近で見た、チビちゃんの目が、 

思ったより、聡い感じだった事と、 

 

おじさんの頭の撫で方が、優しくて、

「かわいがってんだな。」って感じだったのが、 

 

なんか、嬉しかった。 

 

 

 

したら、今日、 

ギャンギャンギャン音付きで、おじさんとチビちゃんが近づいてきて、 

お返しのつもりか、ジャーキーを一握り、 

私に差し出してきた。 

 

それは、いーんだけど、 

フレシキブルを目いっぱい伸ばして、チビちゃんは、うちのコ達に突撃体制である。 

 

「近づかないでっ!」と、おじさんに叫びながら、 

私は、イヌ達の間に入って、 

応戦体制の、天の首っ玉を掴み、ふっとばし、 

だいちに向かって、「すっこんでろっ!!!」と怒鳴った。 

つきには、「つっちゃんも、やめてね。」と、ちょっときつく言った。 

 

それ以上、近づいたら、私はチビちゃんを、蹴飛ばすつもりだったが、 

不思議なモンで、 

私の勢いを見て、さすがに、ちょっと静かになって、おじさんに寄っていた。 

 

 

そーだよー。 

うちは、チンピラの集まりじゃないんだ。 

小さくても、鬼軍曹に率いられた一個連隊なのよー。 

 

鉄砲玉には、百年早いぜ。 

 

 

んで、 

「おじさんの後ろに、ちびちゃんを置いといてね。」と、お願いして、 

また、4mくらいの距離で、座って、少し、お話した。 

 

おじさんは、70歳で一人暮らし。 

病名はわかんないけど、治療に通院してるらしい。 

 

「(チビちゃんが)言う事、聞かなくてよー。」と、何度も言うが、 

それは、おじさんのせいで、チビのせいじゃないよ。と言う言葉は、飲み込んだ。 

  

 

 

 

 

口の悪いヒト(うちのダンナとか)は、 

年寄りは、出歩くな、とか、 

世話出来ないペットは飼うな、とか、 

言うかもしれないが、  

 

ケアマネ業務経験者である私は、そうは言わないし、

そういう考えも無い。 

 

 

一人暮らしなので、民生委員が時々訪問してるらしいが、 

運転できて、杖無しで歩けるおじさんに、介護保険のサービスは無い。 

 

チビちゃんが居なければ、毎日、公園に来る事もないだろう。 

 

おじさんにとって、 

チビちゃんは、 

レクリエーション、リハビリテーション、生活リズムの維持、社会活動との接点、 

モチベーションの継続である。 

 

 

 

他人事では無い。 

 

 

間もなく、 

ペットが、高齢者介護に大きく関わってくると、思っている。 

 

ペット関係事業と、高齢者増加が、どっかで結びつかないだろーか。 

  

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ       

 

 

と、言いながら、 

 

先週の選挙、行くの忘れた私です。  

 

内緒。 

 

   

 

 

Dsc_8960_2 

 

 

     「あれあれ…」 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 「デテコイヤァーッ!」ってか? | トップページ | 新顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/31245007

この記事へのトラックバック一覧です: ちびちゃんとおじさん:

« 「デテコイヤァーッ!」ってか? | トップページ | 新顔 »