« 退院 | トップページ | ↓前言撤回 »

2010年6月21日 (月)

そのまんまをそのまんまに

庭先で、トレーナーさんとまこちゃん(義妹)と、私と、

イヌ達を交えて、くつろいでいる時、 

 

何となしに、

だいちに、「ボール、頂戴。」と、言ったら、 

 

私が言ったにもかかわらず、だいちは、ボールをまこちゃんに持って行った。 

 

2、3回やってみても、まこちゃんに持って行く。 

 

「アタシのこと、裏切り者と思ってんのね。」って笑ったけど、 

 

だいちが、すねてるとか、私に何かしらの駆け引きをしてるとか、

そんな風に、ちょっと感じたりした。

 

でも、 

まこちゃんに懐けば、彼女も嬉しいだろうし、

それも良いかも。

そんな風に、思ったが、

 

 

次の瞬間、

閃光のように、違う考えが、私の頭に飛び込んで来た。 

 

 

だいちは、すねてもいないし、姑息な駆け引きなんかもしてない。

 

ただ、まこちゃんが、自分の今の相手だ、

と、認識しているのだ。 

 

 

6年前、天が来て、だんだん、遊びの比重が天に傾いてきた。

もちろん、だいちとも遊んだが、体調のこともあるので、昔とは格段に違ってきた。 

 

一砂が来たら、このトラブル・パピーに、掛かりっきりの体である。 

 

 

この度の入院中、

だいちつきに関しては、まこちゃんが、ほとんど関わってくれた。 

 

 

だいちは、まったく素直に、当たり前に、

「まこちゃんがパートナー。」と決め、 

それが、納まりのいい場所だったんだ。 

 

 

 

盲導犬、介助犬、警察犬や麻薬探知犬。  

はたまた、シープドッグやスレッドドッグ。

このコらが、リタイアする時、

彼らは、案外、現実を理解し、粛々と引退していくのではないか。 

 

ちゃんと納まりのいい、居心地の良い場所を与えてあげれば、

そのまんまを受け入れるのではないか。 

 

 

「かわいそう。」「使い捨てされて。」などと、 

中途半端な感情移入なんか、 

意味無いんじゃないか、

 

 

と、私は、そう言いたいのです。  

 

 

 

 

 

 Dsc_0201_sp0000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

いつまでも、いつまでも、 

イヌは、私にいろいろ教えてくれる。

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ       

 

 

 

 

 

 

が、

治ったら、 

だいちとまた、いっしょに遊ぶ方法を、捻出するのだ。 

 

まだ、負けないのだ。 

 

 

ぷぷ。 

 

 

|

« 退院 | トップページ | ↓前言撤回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/35384133

この記事へのトラックバック一覧です: そのまんまをそのまんまに:

« 退院 | トップページ | ↓前言撤回 »