« 夏ごはん | トップページ | 冷やしシャンプー始めました »

2010年7月14日 (水)

逢魔が時に一砂を呼ぶ

12日(月)は、

病院でのリハビリ2回目。

担当のPTさんとのやり取りが、すごーく良い展開で、

久しぶりに、晴れやかな気分だった。 

 

 

夕方7時頃、4頭を連れて散歩を終え、

自宅の庭に入ると、 

 

「OK!」と、リードを放す。 

 

つきは、「やれやれ。」と一息付く感じだが、 

3頭のギャングくずれ、および、ギャング見習いは、「ひゃっほぉっ!!!」と走り回る。 

 

 

これは、気をつけなければいけない瞬間だ。 

3頭がいっせいに、悪行を始めたら、手がつけられない。 

でも、がまんして、ゆっくり歩いてきたんだから、解放してあげようと思っちゃう。 

 

 

ご存知のように、うちの庭は、閉じられてはいない。

裏の駐車スペースから、抜けられる。

一砂は、まだ、一度も出たことは無い。 

 

ん?

「一砂?」

 

「イッサァ?」 

 

 

その時、門の外で、ボンっという鈍い衝突音と、 

わわぎゃおんっ

という、一砂の声。 

 

県道は、車の通りは多く、そのスピードが一瞬、緩み、

運転手達の目線が、同じ方に流れるのが見えた。 

 

 

一砂がはねられた! 

 

 

すっとんで、門の外に出ると、 

小さく、猛スピードで逃げていく姿は、すぐ路地を曲がって消えた。 

 

大人イヌ達も、色めき立ってるが、

玄関に仕舞って、

つきだけは、入るのを拒否したので、

いっしょに連れて、一砂を追いかけた。 

 

 

「イッサー!」「イッサー!」と声を掛けながら、 

 

一気にどこまで、走ったのかも見当が付かないが、

なにしろ、ショックと恐怖で、頭が回らなくなっているだろうから、

名前を呼ぶ声を聞かせて、戻る気を起こさせるしかないと思った。  

 

つきは、音をあげて、「もう、帰ります。」って。 

 

家に一度、戻り、

ダンナが帰宅してたので、

「一砂が、車にぶつかって、逃げた。」と言うと、 

 

「だから、いつも言ってるだろー!○×▲□!☆!ヽ(`ω´)ノ☆☆☆!!!」と怒鳴りながら、

自転車で、回ってくれた。 

 

 

怪我して、道端に倒れてるかもしれないと思ったらしい。 

 

 

私は、うんと遠くに逃げたとは思えず、

どこかに隠れている確率が高い気がした。 

 

やはり、心配は、怪我で、 

隠れたはいいが、そこから、動けなかったらどーしよー。

 

実は、死んじゃってたらどーしよー。

 

最悪、これっきり、見つからなかったら、どーしよー。 

 

 

 

事故で亡くなった、お友達イヌ達。 

名前だけ知ってて、お会いしたことはないけど、

妙に親しみを感じていたコ。 

訃報だけを、風の便りに受け取ったこと。 

 

 

そんなことが、頭に浮かんできた。 

 

 

が、

一方で、湿度の高い、むんとしたたそがれ時、

角々で、「イッサー!」と、気持ちを込めて、呼ばると、 

不思議なくらい、よく響いて、 

 

 

 

この名前は、いい名前だ。

この名前にして、よかったなー。

と、思った。 

 

 

 

もう1時間も、捜しただろうか。 

 

もう一度、家に帰って(もしかしたら、自力で帰ってるかも…と、)、

懐中電灯を持ち出し、

県道の車の通りが、まだ、頻繁で、おそらく、怖くて、自分では帰ってこれないだろうと確認して、

 

 

逃げた方面、500m圏内くらいの住宅街を、 

「イッサー!」「イッサー!」と、ぐるぐる回った。 

 

と、

もう、そこは3~4回通った場所だけど、 

ちょっと、背中に気配を感じたので、振り返ると、 

  

 

 

そろ~と、闇から出てきたような、闇色の細っこいコ。 

 

 

 

怪我無く、腹減らしてました。 

 

知らないお宅の、庭先に隠れてました。 

 

何度も、呼ばりながら通る私を、見てたのでしょう。 

 

ずっと、声も聞こえていたはずです。 

 

 

 

 

家に帰り着くまで、ちょっと、車に怯えるようなしぐさも、ありましたが、

それほどでもなく、

ピンシャンして、 

 

ビッコを引いていたのは、私でした。  

 

 

 

Dsc_0318

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ     

 

 

 

ダンナは、1~2㎞範囲くらいの体育館等も回ったそうだ。 

怒られたが、

「よかったよかった。よく見つけた。奇跡だ。」と、喜んでた。 

 

 

 

いつもどおり、

はらぺらし達に、ご飯をあげちゃうと、

 

がっくり来て、両膝にシップを貼り、 

 

「申し訳ないけど、外で食べようか?」と、ダンナに聞いた。 

 

 

 

「お、行こ行こ。 

 『康』がいいな。さっき、やってるの確認したから。」

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   あ、そう。 (ーー ) 

 

 

 

 

 

 

|

« 夏ごはん | トップページ | 冷やしシャンプー始めました »

コメント

はらはらしてしまいました。
うちの周りにも電信柱に探し犬探し猫の貼り紙がよくあります。今朝も新しいのを見つけたとこでした。
一砂君まずはケガしてなくてよかったですね。「ぼん」「わわぎゃおん」が気になりますけど‥‥
見つかってよかったです。ずっと潜んでたなんて、ずいぶんショックだったんでしょうね。ああ、涙。
もうこれに懲りて庭から出て行かなければいいですねえ‥‥

投稿: 蓮姫 | 2010年7月14日 (水) 12時24分

happy01蓮姫さま
すべて、私のずぼらでいい加減なせいです。
無事にすんだのは、ラッキーとしか言えません。 
 
ヒトなら、頭打った場合、1日目1週間目1ヶ月目に気をつけろって言います。 
2日経って、何でもなさそうなので、ほっとしました。 
 
一砂は、最近になって、外界に関心を持ち始めて、
いばりんぼ範囲が拡大してます。 
いばりんぼって、怖がりなんですよね。 
きちんと教えてあげないと、大きな怪我しますよね。

投稿: けいちむ | 2010年7月14日 (水) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/35745951

この記事へのトラックバック一覧です: 逢魔が時に一砂を呼ぶ:

« 夏ごはん | トップページ | 冷やしシャンプー始めました »