« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

すげー夢

明け方、見た夢。 

 

私が、だいちと試行錯誤のディスクドッグをしていた頃の、

DT絡みのメンバーが、総出演だった。 

 

今は、それぞれ、バラバラに楽しんでるヒト達。 

 

新しい遊びを見つけたみたいで、 

そこそこ大きな工場のような古い建物の中で、

皆で、一つの実験をしている。 

 

大掛かりな、訳のわかんない機械が、そっちこっちと、一見関係ない感じで、

置かれている。 

 

マニアが手作りしたような、材料も思いもかけない、用途不明の大きな物体のまわりを、

心得たように、1人1人が飛び回っている。 

 

どーも、空間移動(時間移動)を、まるで、ハングライダーか、スキューバダイブのように楽しむらしい。 

 

訳がわからないので、

私は、ぼーっと見ていたら、 

 

「炎を記録してね。」

と、言われた。 

 

 

炎? 火が出るんかい? 

どこから?

記録って、どーやって? 

 

 

そー思っているうちに、 

 

T子さんが、

床に埋め込まれた、でっかい五右衛門風呂のようなものに、ざんぶりと飛び込んだ。 

 

中身は、どろどろの粘土のような液体で、 

それが、すごい勢いで、渦巻きだした。 

T子さんの姿は、中に消えてる。 

 

 

すると、

そのお釜の縁から、ガスが燃えるような炎のヒダが、ぶわっと噴出し始める。 

 

 

Cocolog_oekaki_2011_03_30_08_32   「あ゛~~~~~!!! T子さぁぁぁん!!!」 

 

と、思うまもなく、

数十秒ほどで、火は消え、 

頭からどろどろの状態で、T子さんは、「よっこいしょ。」と出て来た。 

 

 

「やった。」という顔で、満足気。 

 

 

釜の中の泥のようなものを触ると、ぬるま湯ぐらいの感じだった。 

 

 

どーも、連動していないように見える、訳わかんないでっかい機械が、

一斉に作動し、

お互いに、作用しあったようで、

今回は、T子さんが空間移動した訳ではなく、

別のキリンのような機械に取り掛かっていた、

たぶん、Mさんのダンナさんと思われる方が、空間移動に成功したようだ。 

 

どこに?

って、わかんないけど、

素人の遊びなので、ちょっとした異次元の、月の表面くらいのようである。 

 

 

あ!

炎を記録できなかった! 

 

なんか、スケッチブックのようなものに、写し取らなきゃいけなかったよーだ。 

 

 

 

と、そんなところで、

目が覚めた。 

 

 

「わかんなかったんだもーん。」

心臓バクバク、喉がカラカラだった。 

 

 

すげーなー。

みんな、すげーなー。 

 

 

 

 

よく考えたら、 

昔のDT「ファクトリー」のイメージって、

私の中で、こんな感じだったのかもねー。 

 

 

 

すごいことを、遊びでやってるけど、

やる意味が、あんまりわかんなかった。 

 

 

 

 

そして、

私って、傍観者だった。         (≧∇≦) 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ      

 

 

 

 

ディスクドッグネタの夢は、

ほんと、良く見る。 

 

 

 

だいちが引退しても、

天が亡くなっても、 

 

 

私の中で、終わってないんだなー。 

 

 

この残酷な葛藤が、膝に来てるんだと思う。 

 

 

 

 

 

はい、

私の一番訳のわかんない分析でした。       へーん ( ̄ヘ ̄)┌

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

つきちゃんありがとう

公園で、つきが、何か見つけたように藪に突っ込んで行った。 

 

その後、だいちと一砂も、同じ場所に潜り込んだ。 

 

「また、イタチの匂いでも取ったかな。」と思っていたが、 

 

しばらくして、 

 

来た、つきと一砂を見ると、薄茶色にべちょっとしてる。 

 

やられた! 

 

嗅がずとも、わかったが、

一応、顔を近づけて息を吸い込んでみると、ハナマガリゲロゲロリン、だった。 

 

たぶん、死蝋。 

 

 

正月から、シャンプーしてなかったが、 

 

物凄く悩んで、意を決して、風呂場で、皆を洗った。 

 

 

つきは、ハンドソープで2度洗いでも、怪しかった。 

Yちゃんの手作りソープで仕上げて、石鹸の匂いになって、なんとか納得したくらい。 

 

 

 

 

ほんとうのこと言うと、 

 

自分の膝は、非常に悪い。 

 

 

歩くのがままならず、3年前の一番悪いころに、ほぼ近い。 

 

 

イヌ達には申し訳ないが、

手を抜いて、排泄だけの家の周りの散歩か、自由運動になっている。 

 

 

どーにも逃げようが無くて、全員シャンプーにしたが、 

久しぶりに、洗ってあげたら、

私の気分的には、何か、すっきりした。 

 

 

カッパとリードを洗ったって、イヌ達を洗ってあげられないのは、気が重かった。 

 

 

もう、全てに気が重い。 

 

 

 

つきは、がっつり洗われ、ドライヤーもかけない、湿った状態で、

ソファーで、ぴちっと丸くなって、時折、プルプルと震えていたので、 

湯上りを取り替えてあげて、バスタオルを掛けてあげた。 

 

 

それを見てたら、 

 

つっちゃんは、無理にでも、元気出せって、私にハッパをかけたのかなー、

と思えてきた。 

 

 

 

困らせ屋だけど、全然、憎めない。 

心がまっすぐなコなんだ。 

 

 

 

そー思ってんのは、おバカな私だけかもしれないけどさ。 

 

 

一寝入りしたら、元気になって、

「kちむ、散歩っ♪さんぽ行きましょっ♪」と、ぴょんぴょんしてたよ。 

 

 

 

 Kc3a0011

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そーでもないの。 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   

 

父は、要介護1が認定されて、 

 

先週から、週1のデイサービスを使っている。 

 

4月には、ショートステイも取れた。 

 

母が、実家の跡継ぎ、弟の一周忌に行きたいとのこと。 

1人で行きたいそうだ。 

 

母1人で、出かけさせるのも、後、何年可能だろー。     

 

 

 

 

 

いい話もひとつ。 

  

 

梨のぼっこ齧りをするようになって、

画期的に、一砂のウンチが良くなった。 

 

 

ありがとありがとありがと。    > いろんなチカラに。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

私なりの「ファイト!」

救助され、背負われて、「大丈夫ですか!?」って問われて、 

笑って、「大丈夫!」と答えるじーちゃん。 

 

大丈夫じゃねーじゃんと、思わずツッコんだ。 

 

10日ぶりに、瓦礫から助け出された80歳のおばあさん。 

「怪我は?」との問いに、「無いです。」が早かった。 

10日間、挟まれて動けなかったのに。

「孫は?」気にする、その16歳の少年は、体温26度の極限状態で、

開口一番、「おばあちゃんを助けてください。」と叫んだと言う。 

 

 

 

みんな、つよい。 

 

 

地震のあった、その晩、

200体もの遺体が発見されたとの報道があった。

次の日の報道で、「この海岸です。」って、瓦礫だけが映った。

きれいに、収容されたんだ、早いなー。

んな訳ないよね。

救助が先だもん。 

 

画面に映らないが、津波にもってかれ、瓦礫にもまれた、

何百何千もの、ご遺体を、

現場のヒトは、見ているんだろーなー。 

 

 

みんな、つよい。 

 

 

 

 

原発が被災し、まさに放射能被害が身近に起ころうとしている。 

 

時がたって、収まりがつけば、いろんな意見も出てくるのかもしれないが、 

その前に、

今まさに、「そんなこと、言ってる場合じゃないでしょ?」の、

KYなタイミングだけど、

 

 

 

わたしは、思う。 

 

 

原発は、決して無くなる必要はない。 

 

ただ、 

どんなことが、行われているのか、知らしめ、考え、

限りなく、安全性を高めていくこと。 

 

 

 

探査機「はやぶさ」の感動的な帰還があったのは、

つい、この間のこと。  

 

 

できるでしょ? 日本人。 

 

 

山ん中や、ヒトの少ない田舎の海岸に作ったって、

一事があれば、東京に、放射能の雨が降るんだよ。 

 

 

 

それをさ、 

米軍基地みたく、押し付けあうんじゃなくて、 

お台場に作っても、大丈夫!くらいに、安全なのにすればいいじゃん。 

 

「そこまでしたら、採算が合わない。」んじゃ、原発は採算合わないんだね! 

 

 

 

 

その昔、

てか、うーんと昔、 

 

ヒトが火を使い始める前は、

たぶん、火は、山火事などで見る、恐ろしい災害だったのでは? 

使うようになってからだって、

間違えれば、危険なものだったはず。 

 

 

 

できるような気がする。 

 

私には出来ないけど、

日本人なら、出来そうな気がします。

 

  

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ    

 

 

 

Pa250023  

 

 

 

 

      「できるよ。」 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

ガソリン

連休明けには、ガソリン不足も収束に向かうだろうという噂をたよりに、 

一応、

明日、水曜日の朝に目星をつけていたが、 

 

今日正午から、計画停電もあったし、

もしや、と、いつも給油する、市内で一番安いセルフに、5時頃行ったら、 

イケそうだったので、

初めて、ガソリンの為に並んだ。 

 

 

20分待って、満タンにしました。 

 

 

この度の災害勃発時には、半分入ってた。 

極力、散歩は家の周り。 

どーしても、抜けられない用事に使い、 

あとは、家にじっとしてる。 

最後は、10ℓ切ったので、 

さすがに、年寄りとイヌ3頭かかえて、余震もいまだ、頻繁だし、

  

緊急時のことを考えると、 

ほんとうに、ほっとしました。  

 

 

嬉しくて、真っ暗になっちゃったけど、 

だーれもいなくて、明かりも一個も無い公園で、

ちこっと、遊んできました。 

 

そん時だけは、雨も上がってたし。

 

 

 

みなさんは、いかがされてるでしょうか? 

 

 

 

  

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ     

 

 

 

うちは、雨だって、散歩しないわけにいかない。 

 

帰ってきたら、イヌ達のカッパとリードを、その都度洗濯。 

 

 

神経質になること無い、

と、思わないでもないが、 

 

小さな四足の鼻デカ達。 

 

自然の影響を、ヒトより受けるような気がするのは、私だけでは無いはず。 

 

 

 

 

 

1103091  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

納豆屋

地震直後、売り場で、最初に気が付いたのは、

トイレットペーパーが無い、でも、

牛乳が無い、でもなく、 

 

「納豆が無い。」でした。 

 

あんまり、早かったので、

4年前のように、まーた誰か、デマ飛ばしたぁ?

と、疑った。 

 

水戸の被災のせいと知って、

こりゃ、当分無理と判断、 

 

とりあえず、キヤッセで、行田のヒシヤ、3パック126エン1個を得たのが、最後となり、  

 

これが、

自家納豆の種になった。 

 

 

いやさ、これも初めは、普通に食べちゃおと思ってたけど、 

 

原発が、尋常で無いことになってるのがわかって、 

 

路地モノは食うなとか(イヌは、地面に鼻すりつけてますけどー)、

肌をさらすなとか(イヌは、全裸で裸足ですけどー)、 

 

でも、取り込んじゃったのはどーするの?

 

ヨウ素摂取って? 

 

あーもー、難しいこと言われても、おばちゃんにはわからん!

 

 

こんな時に、絶大的信頼的自己満足的な大豆醗酵食品の納豆くんがいないのは、

いけないぃぃぃぃ!!!! 

 

 

 

と、 

 

とうとう、自分で納豆、作りました。 

 

 

 

 

 

 

Rimg0019  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作ってみたら、意外と簡単。 

 

 

アイスボックスを室にして、

ペットボトルで保温。 

 

 

  

いただき物の地元大豆のせいかもしれないけど、

普通にうまい。 

 

ダンナは、「かなり、うまい。」そうです。 

 

 

 

興味のある方は、

ちょちょっと、検索でお調べください。 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ      

 

 

 

確たる根拠は無いが、 

 

「乳酸菌生産物」が、うちのイヌに大きな効果が無かったのは、 

普段から、納豆、味噌など食してるからでは?

 

 

と、思った。 

 

 

だから、いいとは限らないが。 

 

 

 

 

110308_133001  

 

 

 

 

「動物性タンパク質、炭水化物、脂肪を増やしてホシイノー・・・・・・  

 野菜はいらないノー・・・・・

 

    むにゃむにゃむにゃ。」 

 

 

 

 

 

先日、実家で、シュクレ(弟のイヌ)のお留守番に付き合う。 

つきが寝てるのは、シュクレ用の毛布。 

シュクレ用につけられた暖房の前。 

 

シュクレは、じっと、つきを見た後、毛布無しで、傍らに寝てたよ。 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

口を結び手をこぶしにして祈る

出来ることがあれば、やる。 

 

今自分が居るのも、現実。 

数百km離れたところで、数万人の方が一瞬のうちに突き落とされたのも、現実。 

 

自身も被災者でありながら、不眠不休で救援する方も、ニンゲン。

全国民の命綱を握りながら、腹が据わらない東電も、同じニンゲン。 

 

ニンゲンという一個の集合体。 

 

 

 

 

今入ってる、ガソリンが無くなったら、その時はその時。  

必要なヒトは、並んでよろしい。

停電中は、ランタンではなく、小さなロウソクを点けた。 

それで、誰が助かるわけではないが、 

何も出来ない、心の澱(おり)を冷たく硬く永久保存にする。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

祈りは、怒りに似ている。 

 

でも、今、怒ってはだめよ。 

 

 

出来ることは、やる。 

出来なければ、忘れないこと。 

思いを垂れ流さず、忘れないこと。 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ      

  

 

 

 

Rimg0033_2000x1333  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

へいへいほぉ~♪

Yちゃんは、空気が肌に沁みて、「あれ?」と思ったそうですが、 

 

この2、3日、庭木に来るスズメの様子が変だ、と思っていた、kちむです。 

 

そんなに冷えるわけでもないのに、ボールのように丸くなって、群れで固まってました。 

 

 

んでも、

特に変わらない生活を送ってます。 

 

続く地震に、 

老犬2人は、なるべく私から離れないで過ごすよう、心がけているようです。 

 

揺れるたびに、

「kちゃんに、まかしとけ~!」と、言ってるので、当てにされてしまいました。 

 

 

 

一昨日は、雨が降るというので、 

梨の木を切りました。  

 

 

謎の果樹は、昨年の秋、初めて、

赤ちゃんの拳骨のような小さな果実を、数個つけました。

どう見ても、ひねた洋ナシのようで、

すぐ、腐って落ちてしまいましたが、

1個だけ、だいじょぶそうなのを天にあげたら(自分は食わない)、 

美味しそうに食べてました。 

 

ほんに、何でも食べて、お腹壊さないおコだったよねえ。 

 

 

この樹、空に向かって、まっすぐに、細い枝をぐんぐん伸ばすので、

背が伸びて、危なくってしょーがない。 

 

葉が落ちた頃、

下から1/3くらいのところに鋸入れて、切り倒した。 

直径20cmほどあって、まじ、3時間くらいかかったので、

その後の始末までしないで、倒したままにしてあった。  

腕が、もげそうだっただよ。

 

 

が、

梨の木ならば、使い勝手がある。 

 

テーブルや椅子を齧ってるイヌ達に、手ごろに切って与えられる。 

ほんとかどーか、梨の木は、尖って裂けないので、安全だって、実際、齧るためのおもちゃあるしね。 

 

 

それで、なにやら、怪しい雨が降りなさるってんで、

 

 

今、私に出来ることは?」って、 

 

 

とっとと、イヌ用に、梨の木を切ったというわけでした。 

 

 

 

 

へいへいほぉ~~~~~♪ 

 

 

  

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ      

 

 

 

1人で、作業してたのに、 

 

なんか、まわりで、ガサガサ気配がしたなー。 

 

黒っぽいのが、跳ねてた気がするう。 

 

 

 

 

 

 

 

 Rimg00352  

 

 

 

 

「いいおもちゃが、手に入ったらすい。 

 

 でも、

 くれないん。 

 

 汚すからだって。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

ボケてる場合じゃありませんが

3月11日14時46分、

私は、寝室でストレッチをしようとしていた。 

 

昼寝の後、これしないと起きれない、歩けない。 

 

ジグザグの横揺れが始まった時、

「まだ起きれねーよ、ばかあ。」と思った。 

 

数十秒たって、揺れが大きくなった時、 

まじ、立ち上がれない、歩けないひどい地震がきちゃったと、わかった。

ばかあ言ってる時か! 

 

 

カシャーンパリーンと、騒然とした音が聞こえ、 

「あ!天の骨壷!お骨が大変なことに!」と、咄嗟に思ったが、 

 

 

 

Rimg0023  

 

 

     お骨は、無事、チンと座ってた。 

 

 

 

 

 

     2度あった大きな余震では、

     つきとだいちと、天の壷を抱えて守った。 

 

 

  

 

 

一砂は、ケージが安全なので、待機させた。  

 

 

 

 

被害は、バラバラ不揃いのワイングラスと、

ダンナのお気に入りの、古伊万里風有田焼マグカップ。  

 

車検が終わったばかりで、

3つの車載バリケンが、玄関前に立てに積まれていたが、

これは、ビクともしてなかった。 

よく出来てる。

 

 

ラジオで、震源宮城沖と知る。

  

うちは無事だけど、近隣の築50年ほどのお宅は、屋根瓦が落ちてる家が多かった。

 

停電は、1時間ほどで回復。 

すぐガラス破片だけは、片付けて、 

イヌ乗せて、17時ころ、実家を見に行く。 

 

両親、建物は大事無かった。 

停電で、状況がわからないなりに、

「明るいうちに、ご飯食べよう。」って、ウドンを煮てた。  

 

 

 

 

水道管下水道管が被害が出てるかもしれなく、

ダンナは、今日は帰ってこないだろうと思ってたら、 

びっくりの19時に帰宅。 

 

ペットボトルの水と、カップラーメンと、私に蒸し羊羹を買ってきた。 

「カップラーメンなんかー、いっぱいあるのに(ダンナが買って来る)、どーすんのよー。」

と、言いながら、蒸し羊羹はすぐ食べた。 

 

 

「つっちゃんが、(地震に)びっくりして、道路に飛び出して、車に轢かれたら、

 と、それだけが心配だった。 

 また、悲しいことがあるとなー。」

「kちゃんのことは、全然、心配しなかったなー。」 

 

 

 

 

言ってろよ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ    

 

 

 

お気付きとは思うが、 

 

天のお骨がかわいい袋に入ってます。 

 

Gママさんお手製。 

スペシャルサンクスheart01 

 110310_105301_3

 

いただいてすぐ、写メールして、Gママさんに送ったもの。  

 

 

優しいママさんに、

「サイズ小さかったかしらーsweat01」って言われて、 

使用間違いに気づく。 

 

 

 

 

 

 

110310_190801  

 

 

こっちでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  

静岡のお友達に、安否ご心配のメールをいただく。

「震源地が移動してるから気をつけて。」と返信したら、 

 

 

揺れくらい、なによ。

 津波で一瞬のうちに亡くなった方に、祈ります。」と、返ってきた。 

 

 

 

ほんとうです。  

  

 

 

停電だろーが、毒の雨が降ろーが、

私たちは、運良く、今生きている。 

 

 

 

多くの魂に祈ります。

 

 

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

ラヴユゥ~♪

自分に自信が無いせいかもしれないけど、

今までのやり方で、今の現況で、 

完璧だ!満足だ!と、思ったことが無い。 

 

 

みんな、そーなの? 

 

 

イヌ達のことも、 

このコに、何をしてあげれば、何を足せば、 

良くなるかなー、 

何が足りないのかなー、

絵と考えたら、引き立たせるヒトハケは、何かなー、 

 

って、考える。 

 

 

イヌ達に求められているような気もする。 

 

 

 

3頭引きで、散歩してると、 

 

時々、

「大変だねー。引かれねーかいー?」と、

おじんおばん方に、声を掛けられることがある。 

 

不思議に、4頭引きの時は、声を掛けられることは無かった。

遠目に、ヒトが、さぁーっと、避けていくのがわかった。 

 

先日、

声を掛けてくれたおじさんが、

「ダンナも、かわいがれよー。」と、笑いながら言った。 

「よく言われますー。」と、答えたが、  

 

ダンナには、家政婦としてのお世話をしてるだけで、 

何かを、やってあげて、ヒトとして満たしてあげようって気持ちは、

さらさら無い。 

 

ニンゲンのオトナなんだから、自分でやれって。 

 

 

 

これって、愛情が無いってことかな? 

 

 

 

いやー、 

 

たとえ、家族、夫婦でも、そこまでヒトにかかわるのは、モラル違反ではないの? 

 

 

 

 

 

 

夜、 

一砂のチッコ出し(室内)の 時、ちょっと遊ぶんだけど、

なんか、ギゴチ無い、排泄もスムースじゃない。 

 

ふと思いついて、

一砂に、というより、一砂の頭の中のブンチンに向かって、

両手を広げ、

「イッサ! アイラヴユゥ~♪、ラヴユゥ~ラヴユゥ~アイラヴユゥ~♪」

と、語りかけてみた。 

 

絶対、上目遣いに逃げてくと思ったら、

恥ずかしそうに、ふーっと寄ってきた。 

 

「ラァ~ヴユゥ~note」と、呼ぶ度に、 

ふふっと、寄ってきて、「オラ、どーすればいい?オラ、嬉しいけど、何するん?」 

みたいな顔をする。 

 

ただ、頭抱えて、ごしごし撫でてあげたら、 

しばらくして、

「シッコして、寝るわー。」と、ハウスしてしまった。 

 

 

そのとーり、

シッコして、寝て欲しかっただけなんだけどね。 

 

 

 

 

 

 Rimg0029_2  

 

 

 

 

 

 

 

      「オラ、間違ってなかっただか?」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ      

 

 

 

 

 

イッサに足りないのは、 

 

 

さて、何だったでしょーか? 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »