« ガソリン | トップページ | つきちゃんありがとう »

2011年3月24日 (木)

私なりの「ファイト!」

救助され、背負われて、「大丈夫ですか!?」って問われて、 

笑って、「大丈夫!」と答えるじーちゃん。 

 

大丈夫じゃねーじゃんと、思わずツッコんだ。 

 

10日ぶりに、瓦礫から助け出された80歳のおばあさん。 

「怪我は?」との問いに、「無いです。」が早かった。 

10日間、挟まれて動けなかったのに。

「孫は?」気にする、その16歳の少年は、体温26度の極限状態で、

開口一番、「おばあちゃんを助けてください。」と叫んだと言う。 

 

 

 

みんな、つよい。 

 

 

地震のあった、その晩、

200体もの遺体が発見されたとの報道があった。

次の日の報道で、「この海岸です。」って、瓦礫だけが映った。

きれいに、収容されたんだ、早いなー。

んな訳ないよね。

救助が先だもん。 

 

画面に映らないが、津波にもってかれ、瓦礫にもまれた、

何百何千もの、ご遺体を、

現場のヒトは、見ているんだろーなー。 

 

 

みんな、つよい。 

 

 

 

 

原発が被災し、まさに放射能被害が身近に起ころうとしている。 

 

時がたって、収まりがつけば、いろんな意見も出てくるのかもしれないが、 

その前に、

今まさに、「そんなこと、言ってる場合じゃないでしょ?」の、

KYなタイミングだけど、

 

 

 

わたしは、思う。 

 

 

原発は、決して無くなる必要はない。 

 

ただ、 

どんなことが、行われているのか、知らしめ、考え、

限りなく、安全性を高めていくこと。 

 

 

 

探査機「はやぶさ」の感動的な帰還があったのは、

つい、この間のこと。  

 

 

できるでしょ? 日本人。 

 

 

山ん中や、ヒトの少ない田舎の海岸に作ったって、

一事があれば、東京に、放射能の雨が降るんだよ。 

 

 

 

それをさ、 

米軍基地みたく、押し付けあうんじゃなくて、 

お台場に作っても、大丈夫!くらいに、安全なのにすればいいじゃん。 

 

「そこまでしたら、採算が合わない。」んじゃ、原発は採算合わないんだね! 

 

 

 

 

その昔、

てか、うーんと昔、 

 

ヒトが火を使い始める前は、

たぶん、火は、山火事などで見る、恐ろしい災害だったのでは? 

使うようになってからだって、

間違えれば、危険なものだったはず。 

 

 

 

できるような気がする。 

 

私には出来ないけど、

日本人なら、出来そうな気がします。

 

  

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ    

 

 

 

Pa250023  

 

 

 

 

      「できるよ。」 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

|

« ガソリン | トップページ | つきちゃんありがとう »

コメント

深く同意です!けいちむさん、やっぱり、おもしろいわーhappy02
元気でたよー。ファイトだねhappy01

投稿: たかこ | 2011年3月24日 (木) 18時47分

happy01たかこさん
元気でた?
よかったー。 
石投げられないか、びくびくしてるー。

投稿: けいちむ | 2011年3月25日 (金) 00時20分

うん、できる!(b^ー°)
私もそう、思う(^^)v
かなり、前からこの国は
手を抜くことが当然のように
なった気がする…いかに、楽するか、要領よく立ち振る舞うかがトレンドになった気がする。『デキルクセニ、ヤラナイ』
せっかく誇れるモノがたくさんあったのに…
だから、できないわけないっ。正しいか間違っているかなんて、立場が変われば変わる…あてにならないよ。
やれることはみんな違って当たり前だよ。
自信もってさ、やることやって。強くなれば、優しくなれる。

投稿: サラテンマ母 | 2011年3月26日 (土) 10時00分

happy01サラテンマ母さん
ありがとう。 
 
>強くなれば、優しくなれる。
願いです。

投稿: けいちむ | 2011年3月26日 (土) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61690/39345605

この記事へのトラックバック一覧です: 私なりの「ファイト!」:

« ガソリン | トップページ | つきちゃんありがとう »